Javaエンジニアとして認定資格を取得する利点は?

需要は増加し続ける!

おすすめトピックス

特集

開発現場で役立つJava認定資格について

LINEで送る
Pocket

開発言語は何を選ぶ?

今開発現場ではどのような言語を求められているか知っていますか。数多くの言語があり、目的や用途も様々です。ですがその多くの言語の中から就職に役立ち、なおかつ需要のあるプログラマーやエンジニアを目指すのであればJavaを習得することをおすすめします。Javaはプラットフォームに依存しない言語として、スマホアプリから企業のシステムといったように数多くのシステムで使われている言語です。そんなJavaですからJavaを使えるエンジニアというのはどこでも引く手数多になっています。

どれだけのスキルがあるかを示すために

Javaのエンジニアが引く手数多といっても、企業ではどの程度のスキルがあるか判断するときにどういった基準で判断すればよいか面接や履歴書ではあまり詳しいことがわかりません。そこで判断材料としての一つに認定資格を持っているかどうかが重要になるのです。よく開発現場では資格はいらないといいますが、いくらできると言われても採用するのは見ず知らずの人間です。自己判断で出来ると言われても本当に出来るのか確かめる方法はありません。自己判断を信じて採用してみたけど使い物にならなかった、なんてことも珍しくないようです。そうならないためにも判断基準となる資格を持っていると企業側も安心して採用することが出来ます。では、Javaの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

オラクルのJava認定資格

オラクルのJava認定資格は以前は一つの体系しかなかったのですが、スキルを段階的に認定する積み上げ方式に変わりました。積み上げ方式をとったことで現在持ち得ているスキルの程度を明確に知ることができ、次の資格もどの程度のスキルで習得可能なのか明確に記されているため、ある程度の目安も立てやすくなり資格取得のために膨大な時間を費やすこともなくなります。さて、そのオラクル認定資格ですが、ブロンズ、シルバー、ゴールドという順で上がっていきます。ブロンズは入門資格としてJava言語でのオブジェクト指向の基本を理解することを目標にした資格です。次にシルバーですが、基本的なJavaのスキルだけでなく実際の開発プロジェクトでの状況に応じた対策が取れるかどうかを見る段階になっています。そしてゴールドは高度なスキルを持った人が対象です。

Java認定資格をとるために「ソフトキャンパス」

1対1の授業だからテンポや集中力が切れずに勉強できることが一番の大きな特徴です。

ソフトキャンパスさんから引用しました。

ソフトキャンパスではこのオラクルJava認定資格のために対策したコースが開かれており、Javaの知識がある人だけでなく初心者の方もワンツーマンで資格取得まで教えてくれます。

>>サイトについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

>>サイトについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

また認定会場にもなっているので、いつも受講している場所で資格受験を行えるのは便利ですし、緊張していつもの調子が出ないなんてこともないのではないでしょうか。こうした資格専門の授業を受けられるので、資格取得はもちろん就職して普段の業務でも役立つ知識を学ぶことができます。Javaに興味がある初心者の方や転職して年収アップを目指す方は受講してみてはいかがでしょうか。

未経験の方へ

開発案件が急増している

Javaの開発案件が増え続けている理由と背景について紹介します。新しいプログラミング言語を一から身に付けるのはそれなりの勉強時間が必要です。時間と労力をかけるからには、習得後のことも考えておいた方がいいでしょう。未経験からエンジニアを目指すなら、開発案件の急増により需要が高まっているJavaエンジニアが狙い目なのです。より人材価値の高いエンジニアを目指すためにも、業界全体の動向と求められるJavaエンジニアの人材像を知っておきましょう。

未経験からの転職は仕事の幅が広がる

開発競争が激化するIT業界は、常にエンジニア不足に悩まされており、各企業は人材確保に躍起になっています。未経験者を採用して研修によって人材を育成するという企業も少なくありません。仕事としては未経験であっても、Javaを学んでおくことによって就職口も仕事の幅も広がります。技術的なスキルは研修でも学べますし、経験は実務の中で身につきます。未経験者の採用で重視されるのはコミュニケーション能力等のヒューマンスキルです。

最初に学ぶ言語として最適な訳は

未経験からプログラミングを習得するのは、どの言語を選んでも簡単ではありません。それなりの時間と努力が必要です。Javaを習得する場合もそれは同じことですが、Javaは他の言語に比べて初めてプログラミングを学ぶ人にも理解しやすい言語と言われています。プログラミング言語を学習するには開発環境を整えることから始めなければなりませんが、開発環境を整えやすいこともJavaの利点です。Javaを習得することでプログラミングに必要な考え方とロジックも身に付きます。