なぜJavaエンジニアが人気なの?

需要は増加し続ける!

おすすめトピックス

特集

Javaエンジニアが人気な理由とは

LINEで送る
Pocket

増え続けるJavaの需要

C言語などに比べれば歴史の浅いJavaですが、今となっては20年の歴史があります。Javaは初心者から熟練エンジニアまで様々な開発現場に対応できる言語として人気があります。Javaが誕生したのは1996年でした。C言語から進化したC++を更に進化させてガベージコレクションというメモリ開放機能を実装したことで多くのエンジニアに広まっていきました。当時、プログラマーなどのエンジニアでは仕事中にコーヒーを飲むことが主流でした。そこで、ジャワコーヒーからヒントを得てJavaという名前が付けられたといわれています。Javaは、面倒だったメモリ管理を容易にしてくれ、OSに依存しないマルチプラットフォームという概念があり、Linuxで動作させるシステムをWindowsで開発できるなどの点が評価を受けました。また、Linuxの普及によってWindowsからLinuxへシステム改変を考える企業が増えたこともあり、Javaで開発することでスケーラビリティを担保でき、よりきめ細かにニーズ対応できることもJavaの需要が増えている要因といえるでしょう。

クラスの活用が重要

Javaエンジニアとして長く活躍するためには、最新のライブラリに精通していることが大切です。また、Javaは絶えず進化を続けており、アップデートされる情報に敏感でなくてはなりません。Javaはオブジェクト指向型のプログラミング言語ですが、拡張性や汎用性を考えた高度なオブジェクト指向設計ができるスキルも必要になります。最適なクラスを設計しミスなく実装できれば他のエンジニアにも再利用してもらうことができるのでJavaエンジニアとしての評価はうなぎのぼりです。このスキルは、企業にとっても重要な要素です。クラスの設計がきちんとできるエンジニアが多くいれば開発コストを下げることができます。いつまでも需要があって、多くの現場で求められる「稼げるエンジニア」になるには、オブジェクト指向をしっかり理解し、高度なクラス設計が必要不可欠です。

これからはスマホアプリがアツい

今まさに案件が多く盛り上がりをみせているのがスマホアプリです。Androidスマホが世界的にも普及しており、スマホアプリを求めるユーザが後を絶ちません。Androidスマホで動作するアプリは、基本的にJavaで開発されています。そのため、スマホアプリを開発することができるJavaエンジニアはひっぱりダコの状態でしょう。スマホアプリはこれからも需要が高まると考えられます。転職する際にも有利に働くことでしょうし、さらに上のポジションを目指すことも夢ではありません。

未経験の方へ

開発案件が急増している

Javaの開発案件が増え続けている理由と背景について紹介します。新しいプログラミング言語を一から身に付けるのはそれなりの勉強時間が必要です。時間と労力をかけるからには、習得後のことも考えておいた方がいいでしょう。未経験からエンジニアを目指すなら、開発案件の急増により需要が高まっているJavaエンジニアが狙い目なのです。より人材価値の高いエンジニアを目指すためにも、業界全体の動向と求められるJavaエンジニアの人材像を知っておきましょう。

未経験からの転職は仕事の幅が広がる

開発競争が激化するIT業界は、常にエンジニア不足に悩まされており、各企業は人材確保に躍起になっています。未経験者を採用して研修によって人材を育成するという企業も少なくありません。仕事としては未経験であっても、Javaを学んでおくことによって就職口も仕事の幅も広がります。技術的なスキルは研修でも学べますし、経験は実務の中で身につきます。未経験者の採用で重視されるのはコミュニケーション能力等のヒューマンスキルです。

最初に学ぶ言語として最適な訳は

未経験からプログラミングを習得するのは、どの言語を選んでも簡単ではありません。それなりの時間と努力が必要です。Javaを習得する場合もそれは同じことですが、Javaは他の言語に比べて初めてプログラミングを学ぶ人にも理解しやすい言語と言われています。プログラミング言語を学習するには開発環境を整えることから始めなければなりませんが、開発環境を整えやすいこともJavaの利点です。Javaを習得することでプログラミングに必要な考え方とロジックも身に付きます。