Javaエンジニアになるとフリーランスでも活躍できる

需要は増加し続ける!

おすすめトピックス

特集

能力が報酬に反映されるフリーランス

LINEで送る
Pocket

Javaエンジニアならフリーランスも夢じゃない

Javaエンジニアとしてスキルを高めていけばフリーランスとして活躍するという選択肢が見えてきます。Javaエンジニアのように需要が高い職種であれば、求人数も豊富にありますし、会社員でいるよりも高収入が期待できます。
フリーランスと会社員の大きな違いは、報酬の形態です。会社員は勤務先との雇用契約の下に仕事をするため、仕事があってもなくても基本的に収入は一定です。一方、フリーランスは雇用契約ではなく、業務委託契約の下に案件ごとに仕事を請け負う働き方です。スキルが高ければ高いほど、報酬も高くなるというメリットがあります。

高収入が期待できる

繰り返しになりますが、フリーランスは案件ごとに報酬が決まります。スキルが低い場合は会社員として給料をもらった方が安定しますが、一定以上のスキルが身についたエンジニアの場合、会社員として働いていると給料がスキルに見合わなくなるケースも少なくありません。ちなみに、スキルレベルの高いJavaエンジニアがフリーランスとして案件に参画した場合、その報酬を月収として平均すると約67万円程度になるそうです。フリーランスとして独立すると年収は1.5倍から2倍程度に増えるともいわれています。

定年退職がない

会社員の場合は60歳で定年退職になります。現実的にはエンジニアの場合、もっと早い段階で現場からは離れることになるでしょう。一定の年齢を超えると管理職や教育職にまわされたり、場合によっては配属変更もありえます。一方、フリーランスの場合はすべてが自分の裁量次第ですから、定年退職はもちろん人事異動のストレスからも完全に開放されます。自分次第で生涯現役を貫くこともできますし、若いうちに目いっぱい稼いで早期リタイヤを目指すことも可能になります。

仕事を選べる

会社員として働いている以上、会社の指示で与えられた案件をこなす以外の選択肢がありませんが、フリーランスは「どのような案件にかかわるか」を自分の判断で決めることができます。特にエンジニアにとってこれは大きなメリットになるかと思います。同じ会社でエンジニアとして働き続けていると、携わる案件の種類や求められる技術も似たようなものが多く、スキルアップやキャリアの頭打ちになることが良くあります。キャリアの停滞はエンジニアにとって命取りです。

節税対策で税金負担が減らせる

フリーランスは個人事業主ですから、節税対策をしっかりすることによって納税負担を減らせる可能性があります。税金の金額は「所得」に対してかかるものです。会社員の場合は給与所得であり、確定申告などの手間がない分、自分で節税することもできません。フリーランスは、収入から経費を引いたものが所得になります。業務上必要とみなされる合理的な支出であれば、交際費や消耗品費、交通費などを計上できます。税務的な知識をしっかりもって節税することによって、無駄な税金を払わずに済むことになります。

まとめ

いかがでしょうか。時間や場所にも上司にも縛られずに自由に働けて、高収入が期待できるとなれば、フリーランスという生き方も検討してみる価値は十分にあると思いませんか?とは言え、もちろんデメリットもありますので、実際に独立する際は慎重に検討した方が良いでしょう。

未経験の方へ

開発案件が急増している

Javaの開発案件が増え続けている理由と背景について紹介します。新しいプログラミング言語を一から身に付けるのはそれなりの勉強時間が必要です。時間と労力をかけるからには、習得後のことも考えておいた方がいいでしょう。未経験からエンジニアを目指すなら、開発案件の急増により需要が高まっているJavaエンジニアが狙い目なのです。より人材価値の高いエンジニアを目指すためにも、業界全体の動向と求められるJavaエンジニアの人材像を知っておきましょう。

未経験からの転職は仕事の幅が広がる

開発競争が激化するIT業界は、常にエンジニア不足に悩まされており、各企業は人材確保に躍起になっています。未経験者を採用して研修によって人材を育成するという企業も少なくありません。仕事としては未経験であっても、Javaを学んでおくことによって就職口も仕事の幅も広がります。技術的なスキルは研修でも学べますし、経験は実務の中で身につきます。未経験者の採用で重視されるのはコミュニケーション能力等のヒューマンスキルです。

最初に学ぶ言語として最適な訳は

未経験からプログラミングを習得するのは、どの言語を選んでも簡単ではありません。それなりの時間と努力が必要です。Javaを習得する場合もそれは同じことですが、Javaは他の言語に比べて初めてプログラミングを学ぶ人にも理解しやすい言語と言われています。プログラミング言語を学習するには開発環境を整えることから始めなければなりませんが、開発環境を整えやすいこともJavaの利点です。Javaを習得することでプログラミングに必要な考え方とロジックも身に付きます。