狙い目は人手不足のJavaエンジニア

需要は増加し続ける!

おすすめトピックス

特集

Javaエンジニアを狙え!

未経験からITエンジニアを目指す人が最初にぶつかる壁が「どの言語を学ぶか?」ということではないでしょうか。プログラミングの勉強をしようと決断して意気揚々と本屋に行っても、どの本を手にとってよいかわからず勉強を始める前に挫折しそうになることもあると思います。言語ごとの違いや特徴から勉強するのはつらいですよね。でも心配はいりません。今からITエンジニアを目指すなら、まず最初に学ぶ言語は「Java」一択です。

Javaエンジニアを狙え!

未経験の方へ

開発案件が急増している

Javaの開発案件が増え続けている理由と背景について紹介します。新しいプログラミング言語を一から身に付けるのはそれなりの勉強時間が必要です。時間と労力をかけるからには、習得後のことも考えておいた方がいいでしょう。未経験からエンジニアを目指すなら、開発案件の急増により需要が高まっているJavaエンジニアが狙い目なのです。より人材価値の高いエンジニアを目指すためにも、業界全体の動向と求められるJavaエンジニアの人材像を知っておきましょう。

未経験からの転職は仕事の幅が広がる

開発競争が激化するIT業界は、常にエンジニア不足に悩まされており、各企業は人材確保に躍起になっています。未経験者を採用して研修によって人材を育成するという企業も少なくありません。仕事としては未経験であっても、Javaを学んでおくことによって就職口も仕事の幅も広がります。技術的なスキルは研修でも学べますし、経験は実務の中で身につきます。未経験者の採用で重視されるのはコミュニケーション能力等のヒューマンスキルです。

最初に学ぶ言語として最適な訳は

未経験からプログラミングを習得するのは、どの言語を選んでも簡単ではありません。それなりの時間と努力が必要です。Javaを習得する場合もそれは同じことですが、Javaは他の言語に比べて初めてプログラミングを学ぶ人にも理解しやすい言語と言われています。プログラミング言語を学習するには開発環境を整えることから始めなければなりませんが、開発環境を整えやすいこともJavaの利点です。Javaを習得することでプログラミングに必要な考え方とロジックも身に付きます。